故人を尊重する葬儀を開こう|現代人に打ってつけ

自由葬や無宗教葬

非宗教でするメリット

式場

従来の形式に囚われない葬儀のことを、自由葬や無宗教葬という場合があります。
昔は出来る限りお金をかけて盛大に葬儀や告別式をするのが普通でした。
そうすることが故人の供養になると考えられていたからです。
しかし、価値観が多様化し、核家族化が進んでいる現代において、そういう考えは古いものになっています。
もちろん、今でも田舎にいけば盛大な葬儀をする慣習が残っている地域もあります。
しかし、核家族が多い都心を中心に、自由葬や無宗教葬が定着してきているのも事実です。
大東市や東大阪市でも自由なスタイルで行う自由葬や無宗教葬が普及しています。
大東市では主に普段まったく宗教を信仰していない人や、オリジナリティのあるお別れ会をしたいという人に自由葬が人気です。
その名の通りどういうスタイルで葬儀をするかは各自の自由です。
故人の大好きだったアーティストの曲を流してする自由葬もあります。
また、故人の写真を飾ったり、趣味の作品や思い出の品を展示したりなど、やり方は様々です。
宗教を主体として行う葬儀は基本的な流れが決まっているので、ある意味葬儀社にプランを丸投げできます。
しかし、自由葬の場合は遺族で段取り・演出方法・必要な物等をしっかり決めておく必要があります。
大東市の周辺で自由葬をしたいなら、自由葬プランがある葬儀社に相談をするのがお勧めです。
大東市周辺にある自由葬対応の葬儀社なら、各自の意見を取り入れた葬儀を臨機応変に考えてくれます。

料金の相場や公営施設情報

女の人

大阪府大東市には、火葬施設がありません。
そのため、自動車でおよそ15分程度の場所にある東大阪市の葬儀場を使用する方法もあります。
葬儀と組み合わせた料金プランがある業者もあります。
大東市で行う場合、火葬だけを行う直送、通夜がない一日葬、参列者が15人から30人ほどの家族葬、参列者が60人ほどの一般葬などのプランがあるのが一般的です。
プランによっても異なりますが、予算の目安としては10万円から50万円程度となります。
その場合、評判の良い、信頼できる業者に依頼するのが良いです。
大阪府大東市における市民葬儀制度に関しては、近隣の門真市、守口市、四條畷市で組織している公営施設の霊園を提供しています。
2009年10月より、これまでの公営葬儀から組合葬儀に変わりました。
この霊園は、大東市民であれば条件無く活用することができます。
霊園組合の指定を受けた葬儀業者にて、葬儀を実施する場所は、自宅や自治会の公民館などで可能です。
参列者を想定したケースの標準葬の利用料は、26万円となっています。
また親族のみを想定したケースの家族葬は、12万円となります。
組合葬儀での使用料に関しては、祭壇や用具一式、葬儀の進行係の料金等が含まれます。
大東市に限らず、大阪府のいろいろな地域で、葬儀に黄白の水引を用いる習わしがあります。
また、以前は昔話などで、一晩中線香の世話をしていました。
しかし、近年は、焼香をして帰ることが一般的です。

様々な種類が用意されている

蝋燭

どこの業者に依頼をしたとしても、結局のところ似たような葬儀になるのではと思っている人もいるのではないでしょうか。
大東市や東大阪市の業者では、様々な葬儀に対応し、故人や遺族に合った葬儀をすることができます。
種類としては、一般葬や社葬、家族葬といったものが挙げられます。
他にも1日葬や直葬、音楽葬などがあります。
これらの葬儀は、大東市にある業者で行うことができる葬儀です。
最も多くの人が利用しているのが一般葬です。
親族や職場の人など、故人に関係する人が集まり行います。
最近利用者が増えているのが家族葬です。
一般葬とは違い、身内だけで行うのがこの家族葬です。
葬儀では高い費用が必要なケースもありますが、少しでも費用を抑えたい人に選ばれているのが、1日葬や直葬です。
通常であれば通夜と葬儀で2日はかかりますが、1日葬では通夜と葬儀を1日で済ませます。
直葬は火葬だけで済ませる方法です。
通常の形式にとらわれないのが音楽葬です。
故人が音楽が好きだった場合にはよく利用される方法です。
儀式の最中は音楽が流れ、和やかな雰囲気でお見送りをすることができます。
大東市や東大阪市の業者を利用した葬儀には、このように様々な種類があります。
それぞれで雰囲気も違えば費用も大きく異なります。
できるだけ故人に合った葬儀をしたいと考えている人もいれば、経済的な負担が気になり、できるだけ安く済ませたいという人もいるでしょう。
大東市の業者であれば、様々な人に合ったプランを用意しています。
色々な希望や不安があると思いますが、まずは自分に合った業者を探して相談をすることが大切です。
また、業者によっては依頼をすることで事前に見積もりを出してもらえるところもあります。
そのため、葬式を行なう上でどれほどの費用が必要になるか知りたい場合は、業者に依頼して見積もりを出してもらうとよいでしょう。